ムカつく理不尽な上司を黙らせたい!仕事で嫌いな先輩たちをぶっ飛ばせ

ムカつく理不尽上司をぶっとばせ
若手社員
若手社員

先輩、上司がやたらと厳しくてイライラするんだよな。

愛のある叱り方ならまだ耐えられるけど、どうも俺にだけ、やたら厳しい。

しまいには「なんかお前見てるとイライラするんだよな」だって

ほんと腹立つわ。いつか、ぶっ飛ばしてやりたい。

誰かいい方法教えて

といった疑問に答えます。

仕事をしていると、必ずいるんですよね、こういうクズみたいな先輩上司たちが。

日々、プレッシャーのかかる中で仕事をしていると、ストレスが溜まってしまうのはわかります。

問題は、そのストレスをどこで発散するかということです。

ムカつく理不尽な上司は、必ず弱い人間をターゲットにして、ストレスを発散させます。

職場で弱い人間というのは、仕事のできない人、新入社員だったり若い社員のことですよね。

仕事をしっかりと教えないくせに、文句だけは長々と言ってくる。

そんなこと言う時間があったら、もっと適切なアドバイスを考えろ、わかりやすい参考資料を作っておけと、心の底から思いますね。

本当にイライラします。

なので、そのイライラをムカつく理不尽先輩上司たちにぶつけて、明日にでもぶっ飛ばしてやりましょう!

この記事を読んでしっかりと実践すれば、ムカつく先輩上司を見返してやることができるよ。

ムカつく上司、先輩たちをぶっとばせ

ボクシングをしているイラスト

他の人とおんなじ事をしているのに、なんで自分だけが怒られなきゃいけないんだ?

「なんかお前見ているとイライラするんだよな」

だと?

こんなの理不尽じゃないか!本当に腹が立つ!

僕も料理人時代は、よく体験していた事なのでよくわかります。

↓詳しくはこちらから

腹が立つのは分かりますが、一度冷静になって、なぜそうなってしまうのか、しっかりと分析してみましょう。

1番は『あなたに信頼が無い』ことが原因と思われます。

信頼を得るために、あなたがこれから何をしてくべきなのか考えていきましょう。

怒られる理由を探ってみる

教えてくれる先生のイラスト

理不尽に怒られないためには、どうしたらいいのか?

仕事を完璧にこなして、『文句を言わせない』と言うことが一番簡単な方法です。

一切の隙をも見せないのです、隙を見せたら終わり、くらいに思って仕事をしましょう。

そうすると、上司や先輩は怒る理由が無くなりますからね。

だんだんと見る目が変わってきて「あいつ、出来るようになってきたな」と、評価をしてくれるようになります。

いきなり、『完璧な仕事』をしろと言っても無理なので、ひとつひとつポイントを抑えていきましょう。

抑えておきたいポイントは4つ。

①怒られてもくよくよしない、堂々と、次失敗しないために行動する

②一度注意されたことは絶対に繰り返さない

③空元気でもいいからとにかく元気よく

④全体の仕事を見渡せるよう余裕を持つ

全てのことに共通して認識してもらいたいのが、自分の感情を含ませないことがコツです。

ロボットのように、やるべきことをしっかりとやる、と言うことに集中していれば、必ず出来る人間に成長できます。

仕事ができるようになってムカつく先輩上司たちをぶっ飛ばしてやりましょう!

怒られてもくよくよしない

料理人特有のこと、だったのかもしれませんが、若いうちは怒られるのが仕事、と言うくらいにめちゃくちゃ怒られます。

怒られすぎると、自分にどんどん自信がなくなって、「あぁ、また怒られた。自分は何をやってもダメだ」と自信がなくなり、やる気がなくなり、消極的になります。

そうすると、それが原因でまた怒られ、どんどんマイナスな深みへとはまり込んで行くでしょう。

こうなってしまうと、なかなか這い上がることができません。

なので『怒られても気にしない』ようにしましょう!

「怒られたからなに?文句あんの?」くらいに強気な気持ちを心に持って話を聞くといいです。

とにかく考えることは「次、同じ失敗しないためには、どうしたらいいか?」その一点のみ。

やっちゃった〜って顔で叱られるよりも、次は絶対に同じ失敗はしない!と決意した目をしていると、それだけで『ちゃんと分かっているな』と言う印象を持たれますよ。

さらに、自分も余計なことを考えていないので、ミスをなくすことだけを考えて話を聞くことができます。

ただ注意することもあります。

しっかりと行動も伴うようにしてくださいね。

怒られても平然としている方が得

常に強気な気持ちで仕事に取り組もう

同じことは絶対に繰り返さない

元気な成人男性のイラスト

先ほども言いましたが、一度怒られたミスは、絶対に繰り返さないようにしましょう。

注意してきた上司におおげさにアピールするつもりで、言われた通りの仕事をしてください。

「俺の言った通りにちゃんと仕事しているな」と思わせることが目的です。

言われたことを、言われた通りにちゃんとやるっていうのはなかなか難しいんですね。

「指示された仕事をきっちりできる」っていうだけで、割と評価してもらえます。

同じミスを何度もしていると絶望されます

プラスαの仕事ができるようになると、さらに高評価です

空元気でもいいからとにかく元気よく

上記のふたつができるようになれば、下地はほぼ完璧に整いました。

次は、「なんか弱そう」「なんか仕事できなさそう」と言ったイメージをぶち壊しましょう。

空元気でもいいので、理不尽な上司先輩たちを圧倒させるくらいの元気の良さを見せて、いじめてくる雰囲気を作り出さないようにしてやります。

なんか言ってきたとしても、あなたのペースが出来上がってきているので、シカトで大丈夫です。ムカつくのでシカトです。

今まで、「いじめる上司」と「いじめられる社員」といった関係ができていたので、なんとなくみんなも黙認するような雰囲気が出来上がっていました。

この関係を壊してあげれば、周りの雰囲気も自然とあなたに味方するようになってきて、プラスのサイクルが出来上がってきます。

挨拶と返事を元気良くするだけで印象が全然変わります

仕事はイメージがとても重要です

余裕を持とう

風景写真

次は、余裕を持って全体を見渡して流れをつかめるようにしましょう。

仕事の重要度

今何をすべきなのか

この仕事はどのくらい時間がかかるのか

誰が困っていて、誰を助けてあげるべきなのか

自分の仕事は後回しにしても大丈夫そうなのか

職場全体を見回すように心がけていると、どのようにして仕事を回せば、「一番効率よく回るようになるのか」がなんとなく見えてきます。

うまくいかなかったら、考えて、工夫をしてもう一度やってみる。

トライアンドエラーの繰り返しで仕事のクオリティーがどんどん上がっていきます。

そして、効率よく仕事を回していると、あることに気がつきます。

「ちゃんとした仕事をする」ことができれば、すごく余裕を持って仕事が終わる、ということに。

仕事は慌ててするよりも、ミスなく、適した順番ですることが何よりも大事なんですね。

余裕ができたら、他の人を手伝うのもよし、自分の仕事のクオリティーをあげるもよし、自分で選択肢を持って仕事ができます。

自分の中に選択肢を3つくらい持って仕事ができるとよし

その中のベストな選択を臨機応変に選べるようになろう

ここまで仕事ができるようになれば、あとはガンガン仕事をこなして、ムカつく先輩、上司をぶっ飛ばしてやりましょう。

「仕事を見せつけてやる」くらいの気持ちを持って、「あいつ凄いな」と言わせてやりましょう。

もし、それでも理不尽に絡んでくる先輩、上司がいるのならやめるのもアリですね。

違う職場でもっと稼いで、見返してやりましょう。

どうしようもないくらい、クズみたいな人間と絡んでいても、あなたの精神が消耗していくだけで無駄でしかないです。

そういう人間とは、関わらないようにするのが一番ですのでね。

これでムカつく理不尽な上司を黙らせたい!これで嫌いな先輩たちをぶっ飛ばせを終わります。

これを殴ってストレス解消!

何度パンチして倒しても、自然と起き上がってきます。

イライラをぶつけまくってスッキリしましょう!

タイトルとURLをコピーしました