禁酒を成功させた3つのコツと得られたメリット!時間が倍に増えます

僕が禁酒を成功させた3つのコツと得られたメリット時間が倍に増えます
禁酒したい人
禁酒したい人

仕事終わりにビールが飲みてぇ!!

けど酒の飲み過ぎって身体に悪いよな

歳も歳だし禁酒でもしてみっかな!

暑い夏の時期、仕事で疲れて毎日のように「ビール飲みてぇ」「仕事終わりに1杯やっていくかな」なんて考えてはいませんか?

ほどよい量のお酒は、体に悪影響を起こすリスクが低いので、そこまで心配する必要はありません。

けれど、つい「もう1杯」「もう1本」なんて言って、お酒の飲み過ぎは身体に悪いのでダメですよ。

ちなみに、厚生労働省が推奨する1日のアルコール飲料の適量はこのくらい。

純アルコール20gに相当する酒量
引用:https://www.suntory.co.jp/arp/proper_quantitiy/

お酒を飲みすぎの方は、このレベルから禁酒へのステップを踏んでいくといいでしょう。

禁酒を成功させると、お酒を飲む時間+酔っている時間がなくなり、自分の為に使える時間が以前の、2倍使えるようになります。

夜の7時ごろから晩酌を始めると、少なくとも8時までは飲んで食べてをして、気持ちよく酔ったままそのままベッドへGOしてしまいますからね。

少なくとも、7時から9時までの2時間は、自分のために勉強したり、筋トレしたり、読書をしたりと時間を使うことができます。

なので禁酒を成功させると、有意義な時間を使えるようになり、はるかに充実した毎日を過ごせるようになるよ。

禁酒を成功させた3つのきっかけ

禁酒したいけどやめられない人の写真

禁酒を成功させることができた3つのきっかけがこちら

病気が原因で入院するハメになった

車社会の田舎に住み始めた

ブログを始めた

ちょっと、特殊な3つのきっかけかもしれないですけど、誰にでも病気が原因で入院することになる可能性はありますし、田舎への移住は自分の意思でいつでもできます。

ブログを始めるなんてのは、いつでも誰でもできますからね。

酔っていて、頭の働かない状態だと、文章を書くのが難しいので、ブログを始めるっていうのは、けっこうオススメです。

病気が原因で入院するハメになった

まず、1番の禁酒を成功させるきっかけとなった出来事は、大腸内ポリープができて入院、手術するハメになったことです。

大腸に20mm級の大きなポリープが出来まして、

もしかしたら癌なのではないか

余命宣告をされてしまうのではないか

先の人生残りわずかなのではないか

かなり不安な日々を過ごしました。

正直、まだ入院や手術を経験するような歳ではないと思っていたし、ましてや、癌の可能性があるなんて考えてもいなかったので、ちょっと落ち込みましたね。

これがきっかけで、

『人生何が起こるかわからないから、もっと人生頑張らなきゃいけないな』

『何よりも健康が大事だな』

ということを知ることができました。

というか、もう絶対入院や手術を経験したくないので、健康な自分を維持します。

本当に、入院生活ってしんどいので、今のうちに健康には気をつけておいたほうがいいですよ。

なので、病気にならないためにも禁酒はオススメです。

健康って本当に大事

失って初めて気づく当たり前の健康

車社会の田舎に住み始めた

僕、学生生活の終わりとともに、就職のために上京したんですよ。

なので、移動の中心は電車などの公共機関。

しかも、東京の街って歩けば居酒屋、美味しいご飯屋さん、そんなのばかりですよね。

「今日は頑張ったから、帰りにちょっと一杯」

が簡単にできちゃうんです。

ところが、田舎に住んで働き始めたら移動は主に車で、仕事の行き帰りで飲むことはまずなくなりましたし、歩いて行ける距離に飲食店があるわけでもないので、家呑みが主流になりました。

お酒を買ってきて、家で飲むのがめんどくさいなっと思えたことが禁酒を成功させた鍵だと思っています。

わざわざお酒を買ってまでする家呑みは面倒臭い

友達と会うのも車になるとお酒を飲む機会が無い

ブログを始めた

ブログを書いている人の写真

禁酒が続いている大きな要因は、ブログを始めたことだと思っています。

ブログってやり始めると、成果が出ないのが悔しくて「稼げるまでやってやろう!」ってなるんですよ。

ブログで稼ぐには、リサーチしたり、ブログの知識集めたり、文章力を鍛えたりと、稼げる文章を書くためには膨大な時間が必要です。

極めようと思えば思うほど、熱中しなければいけないですし、他の時間を犠牲にしなければいけなくなります。

先ほども説明したんですが、酔った状態だと集中して良い文章を書くことができないので、意識的にお酒を飲むことを控えるようになりました。

なので、何か没頭できる趣味を見つけることが禁酒を続けるために必要ですね。

熱中できる趣味を見つけよう

いい作品を作るには、別の何かを犠牲にしなければいけない

禁酒を成功させて得られたメリットって何?

お酒を飲まなくなって得られた最大のメリットは『時間が増えた』ことです。

自分のために使う時間が圧倒的に増えました。

晩酌の7時から9時までの時間を、自分の成長のために使うことができるようになったので、1日2時間。

1日2時間の余裕ができた。

1週間で14時間

1年間で700時間

700時間も自分のために使う時間ができたなら、資格を取って将来に余裕ができるかもしれないですし、めちゃくちゃマッチョになってモテるようになるかもしれませんね。

ブログを書いて成功することができれば、月10万円の副収入を得ることも夢ではありません。

お酒を飲んでグダグダ無駄な時間を過ごすよりも、将来のために有意義な時間を使ったほうが圧倒的にお得ですね。

時間は有限ではない

『お酒を飲む』ということは、同時に『他のことをしない』という選択肢を取っているのである

お酒を飲むと、パフォーマンスがめちゃくちゃ下がります

飲酒している人の写真

お酒を飲むと、自分のパフォーマンスめちゃくちゃ下がるので、何をするにしても非効率的です。

物事を覚えることもできなくなりますし、いつもの作業をしていてもミスは多いし、進まないしで最悪。

なので、集中して作業したいときは、飲酒を控えましょう。

ほろ酔い状態でもダメです。絶対禁酒です。

集中して作業するときは絶対禁酒

禁酒をして有意義な生活を送ろう

何よりも大事なことは、人生は有限なので、楽しく健康に、幸せに生きることです。

そのために、ルールを守った飲酒を心がけ、時には自分の将来のために時間を使えるような人生を送るようにしましょう。

これで僕が禁酒を成功させた3つのコツと得られたメリット時間が倍に増えますを終わります。

タイトルとURLをコピーしました