洗い物で起こる手荒れを本気で直す【守るべき対策5か条とケア方法】

洗い物で起こる手荒れを本気で直したい【手荒れ対策の5か条とケア】

「痛ぁ!!!!!」

「ぱっくりヒビ割れがまた割れた」

「傷に洗剤が入ってもう地獄!」

なんて、洗い物で起こる手荒れに悩んではいませんか?

洗い物なんてもう見たくない!

けど仕事だから皿洗いから逃げられない

料理長に相談したけど怖いからできない

料理の仕事をしている人は、必ずと言っていいほど一度は対面する悩みではないでしょうか。

僕も、長年料理の仕事を続けてきたのでその気持ちよくわかります。

特に、冬場の朝、昨日の残りのワイングラスを洗った時に傷が「パックリ」言った時にはもう、その日のテンションガタ落ちです。

せっかく好きな料理の仕事をするのであれば、痛みというストレスから解放されて、料理に集中してほしい!

ということで、洗い物で起こる手荒れ対策について本気でまとめていきます

こんな人にオススメ

痛みを忘れて料理に集中したい

食材や食器に血がつくのが嫌

痛みや痒みというストレスから解放されたい

食器用洗剤の手荒れの原因とは?

食器用洗剤が、手の乾燥を防ぐための必要な手の皮脂まで流し落としてしまうことが原因です。

手の水分を保つためのバリア代わりになっていた皮脂を、洗剤が洗い流してしまう事により、水分が蒸発しやすい状態になります。

手の水分が蒸発してしまうと、潤いがなくなってしまい、肌荒れしてしまうのです。

手荒れの原因3ステップ

①手の皮脂が洗い流される

②手の水分蒸発しやすい状態になる

③皮脂と水分のバリアが無くなり手が荒れてしまう

手荒れの対策5か条

手荒れがひどい人の絵

では、手荒れを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

日常から大事にしたい5つの事を紹介します。

手荒れの対策5か条

①手を保護する

②お湯を使わない

③肌に優しい洗剤を使う

④適量を守る

⑤手に触れないようにする

それぞれ詳しく説明していきます。

①手に触れないようにする

1番手っ取り早いのは、手に洗剤やお湯をつけないという方法です。

ビニール手袋などをして、手をガードしましょう。

と言っても、洗い物だけを仕事にしている人にはオススメですが、接客をしながら調理もして、というマルチに仕事をこなしている人はちょっと無理ですよね。

②お湯を使わない

お湯を使うと、手の皮脂を落としやすくするので、できる限りぬるめのお湯で洗い物をするようにしましょう。

ささっと洗い流したら、あとは食器洗浄機に突っ込んでよろしくです。

そして、手の水分をしっかりとふき取るように意識しましょう。

これをするだけでも、だいぶ変わるはずです。

③適量を守る

油汚れがひどいからと言って、洗剤を大量に使っていると、自分の手をどんどんどんどん痛めつけることになります。

使用量を極力抑え、少ない洗剤んで食器を洗い切る努力をしましょう。

使用量の目安としては、1円玉くらいの大きさをイメージして洗剤を出してください。

④肌に優しい洗剤を使う

調理場での仕事は、油物を多く使うので、強力な洗剤を使用しています。

間違いなく、業務用の洗剤が肌荒れの原因になっているので、上司に相談してみましょう。

洗い物の仕事をしている人は、「それができたら苦労しねぇよ!」

と声が聞こえてきそうなので、自分でできる限りの手を保護する方法をお教えします。

⑤手を保護する

手荒れがひどい人は、自分が「いつ手が荒れてしまうのか」「なせ荒れてしまうの」がよくわかっているはず。

なので、手荒れがしそうな水仕事をする前に、薬を塗って手にバリアを作って手荒れを未然に防ぎましょう!

今回紹介するのがこちら。

皮膜を作って手をバリアするハンドクリーム

このエバーテックジェルは、手に薬を塗ると皮膚の表面に皮膜が形成されて、手の乾燥を防いでくれるんです。

さらに、耐水性に優れており、一度つければ12時間手を保護し続けてくれるので、1日1回つけるだけでよし!

人の手の皮膚は、1ヶ月で全て新しくなると言われているので、1ヶ月毎日使い続けてみてください。

カサカサだったあなたの手が、ツルツルスベスベに大変身しますよ!

薬用プロテクトクリーム

このプロテクトクリームは、エバーテックジェルのように、長時間手を守ってくれるわけではないので、何度か塗り直す必要があるのですが、傷を早く治したい人にはこちらがオススメ。

薬用入りクリームなので、素早く手の傷を治します。

200gと大容量なので、コスパは抜群にいいです。

美容師さんからの評価が非常に高いのもポイントです。

秘密兵器

ある美容師さんが『最強のハンドクリーム!』

と称したハンドクリームがあります。

それはこちら↓口コミで評判を確認してみてください。驚きますよ。

洗い物の手荒れをケアする方法

手荒れをケアした人の手

プロテクトクリームを使って手荒れを未然に防ぎ、

手荒れ対策5か条をできる限り守った

それでも、手荒れになるときは、もう仕方がない!

手荒れをしてしまったら、それ以上手荒れがひどくならないように、自宅に帰ったらしっかりとケアをしてあげましょう。

適切な手荒れケア

①ハンドクリームを満遍なくじっくりと時間をかけて手に馴染ませましょう

②手をマッサージすることで、血行をよくしましょう

③就寝時には、シルクやコットンの手袋をして、全力の保湿をしましょう

1000円で買えちゃうので、手荒れの悩みから解放されると思ったらかなり安いです。

これだけ全力で対策をしたけど、治らないという人は病院に行きましょう。

何か別の原因があるかもしれません。

手荒れの悩みは、料理の仕事をしてきたので嫌という程わかります。

僕も、冬場は特に悩まされました。

なので、手荒れが重症化する前に、早めの対応をオススメします。

あなたができる限り早く、手の痛みや痒みのストレスから解放されることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました